灰のお手入れ

予定した全ての稽古を終え、25日の教授会の受講を最後に3回の京都行きが終わり、これを最後に7月のスケジュールが全て終わりました。

ホッと一息つきたいところですが、8月の稽古が始まる前の道具の入れ替えと、大事な灰づくりがあります。

今日は、振るい終わっている分だけでも、灰に番茶の煮だし汁をかけ、練りこんでおくことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください