宗旦稲荷

11月6日から3日間に渡って、大徳寺で表千家祝賀茶会が行われました。
合間の時間に相国寺に行き、帰りの境内で宗旦稲荷に出会いました。

宗旦狐の話をご存知ですか?

銀閣寺の茶室披きの席で、宗旦狐は大変素晴らしい点前をしたそうです。ところがその席で宗旦本人に出食わしてしまい、相国寺に住む白い狐であることがばれ、不運な最期であったということです。

かわいそうな狐を相国寺は宗旦稲荷として祀られたということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください