ホーム/コラム/あつかう

茶道の稽古を始めると、道具の扱いを初期で学びます。
見る、触れる、持つ、渡す。
一つひとつの単純な動作も、そこに特別な道具があるだけで少し緊張感が高まります。

茶道の「こころ」に触れる初めての瞬間。
人に限らず、道具にさえ己と他を感じること。
「もてなす」の意味に深く吸い込まれる楽しさを、是非。

サイト運営を支えて頂いているスポンサーサイトです。

SNS - All pages are welcome to share.