茶室に入った時、なんとなく良い香りがすることに気付くことがあります。
炭を焚く独特の匂いを消すために、炉の中で香木を焚くのですが、この香りもまた楽しみの一つ。
その香木を茶室に持ち出す時に、香合に入れて運びます。

あの人シャンプー変えたかな、とか、そんな瞬間が日常にもありますよね。
気づくか気づかないかのギリギリの感覚。
僅かでも深く豊かな空間のもてなし。
遠慮がちな気遣いが、茶道の根源にある気がします。

サイト運営を支えて頂いているスポンサーサイトです。

SNS - All pages are welcome to share.