ホーム/コラム/つくばい

お寺や神社でお参りをするとき、柄杓で水をすくって手と口を清めることを、一度はやったことがあると思います。

同様に、茶道では茶室に入る前に「つくばい」の水で身を清めます。
「つくばう」とは身をかがめ、うずくまったりひれ伏したりする動きのこと。
頭を低くし身を清める。
茶室と亭主に対峙する気持ちは、神仏に向かうそれと同じなのかもしれません。
己を捨て、謙虚に謙虚に。

サイト運営を支えて頂いているスポンサーサイトです。

SNS - All pages are welcome to share.