ホーム/コラム/季節としつらえ

炉と風炉、茶道には大きく2つの季節が存在します。
炉は11月から4月の終わりまで。
風炉は5月から11月の初めまで。
炉も風炉も湯を沸かす炭火を保持する道具ですが、炉は畳に穴を開け釜をその中に入れ込むかたち。
風炉は風炉釜という道具を、敷板を介して直接畳の上に置き、その上に釜をのせる形式です。
写真は風炉、長板総飾り。

山桃庵のスポンサーサイトです。

この違いにより茶道の点前にも変化が出てきます。
稽古では、基本的に季節ごとに炉と風炉、異なる点前を習得します。
さらに四季の季節感もミックスされ、稽古場は日々その様子を変えていきます。
茶道の稽古の難しさでもあり、楽しさでもある部分です。

SNS - All pages are welcome to share.

ホーム/コラム/季節としつらえ