ホーム/コラム/筆が描く風景

床の間に力強い筆で一行。
夏雲多奇峰(かうんきほうおおし)とあります。
「夏の雲には奇妙な峰が多い」と読めますが、もくもくと空高くそびえる入道雲を、山々が連なる峰に例えています。

夏をひときわ強調させる真っ白な雲。
目の痛くなるような日差し溢れる夏空。
色彩の無い床の間に、吸い込まれるほどの鮮やかな「青」が描かれていました。

山桃庵のスポンサーサイトです。

SNS - All pages are welcome to share.

ホーム/コラム/筆が描く風景