貝の形の最中。
貝の曲線と菓子器の模様の曲線とが重なり、一番美しく見えるように最中を盛りつけました。

全ての物は正面を持ち、最も美しい表情を見せます。
正面生のわかりやすい物、わかりにくい物がありますが、そこはそれぞれの感性で。

物と向き合うと、不思議と自分が出てきます。
相手を思い、私でもてなす。
物の向き。そんな小さなこだわりも茶道の楽しさの一つです。

山桃庵のスポンサーサイトです。

SNS - All pages are welcome to share.