どうしようもない暑さが続いています。
プールや海に行ったり、山奥の清流を目指したり、なにかと水を求めたくなるこの時期、茶室の床の間には「瀧」の一字が好んで掛けられます。

写真の掛け軸も瀧ですが、文字ではなく山水画のように景色が描かれています。
軸の中央に大胆に残された空白。
この白地に、涼しげで豪快な瀧の流れを想う時、スッと体感温度が下がったような気がしました。

サイト運営を支えて頂いているスポンサーサイトです。

SNS - All pages are welcome to share.