瓢箪の花入に蔓性植物の鉄線が活けられています。
垂れ下がる鉄線の花。
花を見て花入を選び、全体の構成をイメージしながら床の間を飾ります。

簡単なようで難しい作業です。
花入の向きと角度、花の位置、葉の位置、全体のスケールとボリューム。
全ての構図が整い、ここかなという一瞬を逃さず位置を決めます。

遊び心と平面構成のデザイン力が求められますが、そんな表現する楽しさも茶道は持ち合わせています。

山桃庵のスポンサーサイトです。

SNS - All pages are welcome to share.